天然素材の発毛剤で効果が出た

天然素材の発毛剤で効果が出た

子供の頃から日のあたる場所は大好きで、それは大人になっても夏にはどこかへ出かけては太陽の元で楽しく遊ぶことは止められませんでした。

 

そうした人生を送り続けてきたこともあり、日差しで髪が痛んでいることになってたのか、髪質も弱って抜け毛も日増しに増え続けていました。

 

ここまで日に当たることが気になったことなど今までありませんでしたが、抜け毛と共に次第に気になりそれは不安へと繋がっていきました。

 

それで薄毛対策について色んな情報を調べてたら、広告に発毛剤のことが出てたんです。

 

基本的に薬などに弱い私でしたが、それ以上に発毛剤を使うことに抵抗感もありました。

 

ですが天然素材を贅沢に使った商品であること、ちょっと高いけどそれで抜け毛が改善されるならと考えました。

 

天然素材と言う言葉で、ほとんど安心感を覚えてしまった私でしたが、とにかく購入して使うことにしてみましたが、体質的に弱い私でも被れるということも無く、これは天然素材のおかげかなと安心することができました。

 

それで数週間使ってみた効果なんですが、確かに抜け毛が無くなっています。

 

それとまだ産毛程度ですが、発毛剤を使い始めてから生えてきたので、このまま改善されるまで使い続けてみることにしています。

 

発毛剤と育毛剤・養毛剤との違い

 

養毛剤・育毛剤・発毛剤など髪に良さそうな商品が沢山並んでいますね。

 

これらは用途や薄毛の状態によって選ぶものが違うのですが、ついどれでもいいやと何も考えずに使っている人も多いことでしょう。

 

でも用途によって使い分けないと効果はないのです。

 

養毛剤や育毛剤は薄く弱くなりかけた毛髪の成長を促すためのものですが、発毛剤は抜けてしまった毛の発毛を促すことを目的とした商品なのです。

 

毛母細胞を活性化させて積極的に発毛に作用しようという成分が主体となります。

 

その為に、一般的なドラッグストアなどで販売されているものではなかなか効果は期待できず、医師の処方による発毛剤を使った方が効率的なのです。

 

代表的な成分としては、フィナステリド・ミノキシジル・塩化カルプロニウス・アデノシンなどが挙げられます。

 

頭皮に直接塗布するタイプのものが主流で、商品名としてはフィナステリド・リアップ・ロゲイン・カロヤンガッシュ・アデノシンなどがあります。

 

それぞれに効能に若干の違いがあり、毛の再生周期を正常化するタイプや毛母細胞を活性化するタイプ、また男性型脱毛症の原因と言われる5αリダクターゼの働きを抑えるタイプなどに分けられます。

 

大切なのは自分のタイプに合わせて商品や成分を選ぶことです。